愛犬の健康のために|手作りご飯を作るコツを知ろう

プードル

3ヶ月から特徴が現れます

品種改良が精力的に行われている犬は、世界中に数多くの犬種が存在します。しかし、子犬の頃には、明確な違いがないことは珍しくありません。3ヶ月を過ぎる時期から、個体に応じた変化が現れ始めます。しつけを始めるタイミングとして、最適です。

ペットもかかりつけ医を

犬や猫のペットを初めて飼うという方は、まずペットのかかりつけ医を見つけておくと安心です。ネットで千葉の動物病院を調べてみたり、ご近所の口コミなどを参考にするのも良いです。いざという時のために、信頼できて安心して任せられる動物病院を見つけましょう。

最初は雑炊が簡単です

エサ

様々な食材を使えます

ペットの飼育が広く行われている現在、人気の高い犬の健康状態を考慮しながら開発されているペットフードは数多くあります。しかし、いつも同じ食事を与え続けていると、愛犬に対して飼主自身が手作りご飯を料理したいと考えることは珍しくありません。狼の近縁種ですから、本来は肉食を主体とした食事を好みます。古代から人間と共に生活する期間が長くなった結果、一部を除いて基本的に人間と同じような食材を使えます。そのため、犬用の手作りご飯と言っても、特別な料理である必要はありません。米を中心にするならば、雑炊が手軽な手作りご飯です。具体的な作り方は、お粥を作る要領と同じです。栄養バランスを考えると、様々な食材と一緒に煮込む方が効果的です。手軽な食材として、鳥のささみや卵、ほうれん草等の野菜類が挙げられます。肉類は生でも食べることができますが、火を通す方が安全です。また、健康面を考慮すると、脂身の少ない部位の方が適しています。野菜類は茹でた後に適当なサイズに切ると、犬が食べやすくなります。様々な食材を鍋で煮込み続けて、適切なタイミングで卵を入れます。とろみが出た頃に火を切ると、調理は完成です。ただし、手作りご飯で注意が必要な点は、すぐに与えないことです。即座に利用できるペットフードと違って、調理過程で熱くなっているので火傷する恐れがあるためです。したがって、鍋から取り分けた後に、十分な時間をかけて冷ましてから与えることが大切です。

犬を飼う前に把握しよう

良いトイプードルを飼うには、良いブリーダーから譲り受けるのが一番です。なぜなら、親や飼育環境がはっきりしている子犬は、安心して飼えるからです。まずは、電話やメールで問い合わせて、返答内容で信頼できそうなブリーダーを絞り込みましょう。その後で、直接見学に行って子犬を選ぶのが正解です。