愛犬の健康のために|手作りご飯を作るコツを知ろう

ドッグ

3ヶ月から特徴が現れます

子犬

希望の犬種を判断できます

犬は、非常に精力的な品種改良が続けられてきた動物です。そのため、現在は世界中に数多くの犬種が存在して、各犬種に応じて様々な特徴や性格を備えています。しかし、成長と共に違いが明確になることが多く、子犬の段階で特徴に大差がないことは珍しくありません。更に、同じ犬種であれば、個体差を判断することは一層困難です。それでも、希望する子犬を見つけるためには、色々な手掛かりがあります。人間と違って、子犬は生後間もない頃から母犬を求めて活発に動き始めます。ただし、本能的な側面が強いため、必ずしも明確な意思を伴って活動している訳ではありません。つまり、犬種に応じて体格等の特徴は違っても、多くの子犬は同じような行動をします。そのため、個体差を見極めることは、基本的に不可能です。しかし、一般的に3ヶ月程度が過ぎる時期から、自己主張を始めて体型に変化が現れ始めます。したがって、飼育するペットに性格等の希望がある場合、3か月過ぎてから探す方が見つけやすくなります。3ヶ月以前は意識が明確ではないだけではなく、肉体的にも成犬への変化が起こっていません。したがって、しつけを行っても、ほとんど効果はありません。しかし、犬種らしい特徴が出始めて性格が明確になる頃から、しつけの内容を理解することができます。逆に言えば適切な時期からしつけを始めないで放置していると、犬種に関わらず自己主張の強いわがままな性格になりやすい点に注意が必要です。